So-net無料ブログ作成
検索選択

永遠の0 映画化決定! あらすじ [ニュース]



"永遠の0”映画化決定です!

百田尚樹の長編戦争小説「永遠の0」が岡田准一、三浦春馬、井上真央の出演で
映画化されることがわかりました。

本の方のあらすじですが、おおまかな内容は映画「永遠の0」の
あらすじと同じかと思いますので紹介致します^^


永遠の0は現在累計100万部突破の作品です。
映画化される『永遠の0』の監督は『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの山崎貴。
岡田と山崎監督がタッグを組むのは今回が初めてとなります。


【あらすじ】
日本軍敗色濃厚ななか、生への執着を臆面もなく口にし、仲間から「卑怯者」とさげすまれたゼロ戦パイロットがいた…。人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎とフリーライターの姉・慶子は、太平洋戦争で戦死した祖父・宮部久蔵のことを調べ始める。祖父の話は特攻で死んだこと以外何も残されていなかった。元戦友たちの証言から浮かび上がってきた宮部久蔵の姿は健太郎たちの予想もしないものだった。凄腕を持ちながら、同時に異常なまでに死を恐れ、生に執着する戦闘機乗り—それが祖父だった。「生きて帰る」という妻との約束にこだわり続けた男は、なぜ特攻を志願したのか?健太郎と慶子はついに六十年の長きにわたって封印されていた驚愕の事実にたどりつく。はるかなる時を超えて結実した過酷にして清冽なる愛の物語。




「読み始めたら手を止めることができないほど、作品に引き込まれた」という山崎監督。
今回の映画化に並々ならぬ思いをかけているようです。

零戦によるダイナミックな空戦は、実物大の零戦を新たに製作する予定だとか。
さらにはこれまで手がけた作品の中で最多ともなりうるCG技術をフル活用し、
迫力満点の戦闘シーンを徹底再現してくれるそうです。

「今までで一番過酷な撮影現場になるだろう」という言葉通り、
原作のダイナミズムを損なうことなく、当時の戦争の臨場感を表現してくれそうです!


「原作を読んで、すぐに岡田さんが浮かんだ」という山崎監督と、
「監督と以前から一緒にお仕事をしたかった」という岡田准一が初タッグ。

岡田准一は

「原作ファンの方の期待を裏切ることのない作品に、
そして戦争を実体験していない私たち世代にも、
家族のために生きるということにこだわった男を演じることで、
何かしら感じ取っていただける作品にできるよう、撮影に臨みたい」

と意気込みを語っています。


『永遠の0』のクランクインは6月。
奄美大島千葉茨城などのロケ地で大規模な撮影を行うほか、
アクロバティックな空撮を行うなど、3ヶ月に及ぶ壮大な撮影を敢行。
岡田はクランクイン前にトレーニングや軍事教練を積み、現存する零戦パイロットたちに
ヒアリングを重ねるなど、リアリティを追求するために徹底的な姿勢を見せています。

完成は2013年春頃、公開は2013年を予定しています。


オリジナルの予告編はこちら↓ ↓ ↓





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。